baner wystawy pod tytułem Witkacy u Fedorowiczów, wystawa wirtualna od 24 lutego Plakat Tajemnice Tatrzańskich Wypraw Doktora Chałubińskiego kawa i książka Chałupa Sobczaków Tło Slidera

タトラ博物館

住所:Krupówki 10
34-500 Zakopane/ ザコパネ
Polska/ ポーランド
メール: biuro@muzeumtatrzanskie.pl
電話番号:+48/182015205
ファックス:+48/182063872

本館
住所: Krupówki 10
34-500 Zakopane/ ザコパネ
Polska/ ポーランド
電話番号:+48/182015205
開館時間
水曜日~土曜日 9:00~17:00
日曜日 9:00~15:00
5月1日~9月30日:
火曜日~土曜日 9:00~17:00
日曜日 9:00~15:00
観覧料:一般:7,00zł 割引:5,50zł
歴史やタトリ山脈の自然について展示があります。

ザコパネ・スタイル博物館 (インスピレーション)

住所:Droga do Rojów 6
34-500 Zakopane/ ザコパネ
Polska/ ポーランド
電話番号:+48/182012294
開館時間
水曜日~土曜日 9:00~17:00
日曜日 9:00~15:00
観覧料:一般:6,00zł 割引:4,50zł
ザコパネ・スタイル博物館 (インスピレーション)とザコパネ・スタイル博物館 (ヴィラ・コリバ)のジョイントチケット:
観覧料:一般:10,00zł 割引:8,00zł
ヴィトキエヴィッチ・スタイルの歴史や土俗学について展示があります。

ザコパネ・スタイル博物館 (ヴィラ・コリバ)

住所: Kościeliska 18
34-500 Zakopane/ ザコパネ
Polska/ ポーランド
電話番号:+48/182013602
開館時間
水曜日~土曜日 9:00~17:00
日曜日 9:00~15:00
観覧料:一般:7,00zł 割引:5,50zł
ザコパネ・スタイル博物館 (インスピレーション)とザコパネ・スタイル博物館 (ヴィラ・コリバ)のジョイントチケット:
観覧料:一般:10,00zł 割引:8,00zł
建築学について展示があります。

ザコパネ・スタイル博物館 (ヴィラ・コリバ)

住所: Kościeliska 18
34-500 Zakopane/ ザコパネ
Polska/ ポーランド
電話番号:+48/182013602
開館時間
水曜日~土曜日 9:00~17:00
日曜日 9:00~15:00
観覧料:一般:7,00zł 割引:5,50zł
ザコパネ・スタイル博物館 (インスピレーション)とザコパネ・スタイル博物館 (ヴィラ・コリバ)のジョイントチケット:
観覧料:一般:10,00zł 割引:8,00zł
建築学について展示があります。

ヴワディスワフ・ハシオル美術館

住所: Jagiellońska 18b
34-500 Zakopane/ ザコパネ
Polska/ ポーランド
電話番号:+48/182066871
開館時間
水曜日~土曜日 11:00~18:00
日曜日 9:00~15:00
観覧料:一般:7,00zł 割引:5,50zł

ウロジーミルとイェージ・クロチーツキ美術館

住所: Droga na Koziniec 8
34-500 Zakopane/ ザコパネ
Polska/ ポーランド
電話番号:+48/182012936
開館時間
水曜日~土曜日 9:00~16:00
日曜日 9:00~15:00
観覧料:一般:7,00zł 割引:5,50zł
タトラ博物館の企画展があります。

コルネル・マクシーンスキ博物館

住所: Tetmajera 15
34-500 Zakopane/ ザコパネ
Polska/ ポーランド
電話番号:+48/182012263
開館時間
水曜日~日曜日 9:00~16:00
観覧料:一般:6,00zł 割引:4,50zł
当博物館は作家コルネル・マクシーンスキが、妻ヤニナと生前住んでいた住居である。現在、彼のアートコレクション、原稿、写真等、広範囲にわたって閲覧できる図書館になっている。

ホホロフ蜂起美術館

住所: Chochołów 75
開館時間
水曜日~日曜日 10:00~14:00
観覧料:一般:6,00zł 割引:4,50zł
ポドハレ地方、ザコパネから西部に向かい19km位置するホホロフ村は、16世紀初期に遡ることのできる由緒ある村です。ポドハレ地方に多数ある村々の中で、当時のまま、保存されているのは、現在ではホホロフ村のみである。
1846年のオーストリアに反抗してのホホロフ蜂起は程無く権力者により容赦なく鎮められたが、それによりこの村は一躍名を知られることになった。当美術館ではその蜂起の歴史そして19世紀中部の高地人の生活様式の展示を観覧できる。

ウオプシナ荘園

住所: Gorczańska 2
34-432 Łopuszna
Polska
電話番号:+48/182653919
開館時間
水曜日~日曜日 10:00~16:00
観覧料:一般:6,00zł 割引:4,50zł
ウオプシナ荘園の歴史は16世紀に遡るが、現存の荘園は1790年前後にリシツキ氏によって建築されたものである。 当荘園の常設展ではテトマエル家とルゴツキ家にまつわる重要な行事、荘園を訪れた重鎮等、歴史を中心に展示されている。

当荘園の敷地には、木造の高地人向けの小屋がウオプシナ村から移転され展示されている。当建物内部では、ノヴィ タルグ地域に住んでいた人々の生活、文化についての民俗が展示されている。

コルコシ田舎家

住所: Zagóra 86
34-532 Czarna Góra
Polska
開館時間
水曜日~日曜日 10:00~14:00
観覧料:一般:6,00zł 割引:4,50zł

かつて富裕なコルコシ家が所有したこの木造の田舎家はスピシ地方のチャルナ グラ村、ザグラ地域に位置している。最古部分は19世紀にアロイジ ヒジュニ氏に建築され、その後彼の義理の息子にセバスティアン コルコシ氏によって拡張された。 居住区間と農園の家屋部は、両大戦間のこの地方の裕福な農園の典型的な例である。

ソウチス田舎家

住所: Jurgów 215
Polska
開館時間
水曜日~日曜日 10:00~14:00
観覧料:一般:6,00zł 割引:4,50zł
スピシ田舎家である。19世紀建築物。
ポーランドのスピシ地方の最も南西部に位置するユルグフ村では、この地方独特の珍しい木造の家々や装飾の施されたファサードを持つ煉瓦作りの家々を見ることができる。
木造建てのソウチス家の田舎家は前所有者ヤクブ ソウチス氏の曽祖父によって建てられた。コルコシ家の田舎家と違い、ソウチス家の19世紀から20世紀への変遷期を象徴する貧しい田舎家の典型的な例である。
当田舎家では、19世紀、20世紀初期の興味深いユルグフ村の衣装コレクションを展示している。